Skip to main content
AMOREPACIFIC

Our Story

私達は「海の向こうに広がる世界を変えていく」という創業者の精神を受け継ぎ、自然と人に対するアジアの深い知恵を大切にしながら、前進し続けています。

徐慶培(ソ・ギョンべ)

現会長である徐慶培は1997年に株式会社太平洋の代表理事に就任以降、美と健康を実現するために企業力の強化に取り組んできました。また、優れた経営手腕とリーダーシップを発揮し、アモーレパシフィックを韓国を代表するビューティ企業へ、さらにはグローバル規模のビューティ企業へと成長させました。

アジアンビューティー(Asian Beauty)が世界の美のパラダイムをリードする価値観になるという強い信念を持ち、お客様中心思考と持続的な研究開発、積極的な投資を通じて、全世界のお客様へ新しい「美」を発信しています。

会長以下私達アモーレパシフィック全社員は、美しさで世界を変えていくという大きな夢の実現と、全世界のお客様から信頼される企業を目指して今後も努力してまいります。

徐慶培(ソ・ギョンべ)

徐成煥(ソ・ソンファン)

創業者である前会長の徐成煥(ソ・ソンファン)は手仕事で営んでいた家業を継ぎ、美と健康の歴史を築きました。1945年に太平洋化学工業社を立ち上げてからは、「技術と誠意をもって、美しさと健康を生み出し、人類に貢献する」という一貫した夢を持ち続けてきました。

粗悪品が多かった時代に高品質の製品を作り、韓国初の化粧品研究室も開設しました。いつかは世界へという大きな目標を胸に、強いチャレンジ精神で、韓国の化粧品産業をリードしてきました。

また、韓国の茶文化が衰退していることを大変残念に思い、当時は不毛の地であった済州島(チェジュド)に茶畑を作り、韓国の茶文化の復興にも大きく貢献しました。

徐成煥(ソ・ソンファン)

尹独亭(ユン・ドクジョン)

アモーレパシフィックのルーツは創業者である徐成煥の母親、尹独亭が椿油を手作りし販売したことに始まります。1930年代、黒髪に椿油を付け、梳(す)いて整えた真白な分け目は女性の美しさの象徴でした。

彼女は椿油が生み出すアジア固有の美しさを深く理解していました。つねに良質な原料を厳選して椿油を作っていたため、お客様から厚い信頼を寄せられていました。

また、お客様や友人、さらには通りすがりの旅人のために温かいご飯を用意しておくような、心優しい女性でした。

思いやりの心だけでなく、ずば抜けた生活力と判断力で事業は日増しに繁盛。そんな母を手伝いながら、商人としての心構えと資質を身につけたのが創業者の徐成煥だったのです。

尹独亭(ユン・ドクジョン)